日本の木造住宅の良さを引き出す川上工務店

土地に余裕があり、東京都内のような日当たりの問題もない地域である茨城県は、全国でもかなり希少な条件といっても良いでしょう。自分の希望に沿ったマイホームを建てようと思ったときでも、この地域の特性を生かしていかなければいけません。何でも同じような形で建てられるわけではないからです。この特性を生かしていくためには、土地をよく知っているところが重要になるでしょう。川上工務店の建てている家を見たときに、どうしてこの形が良いのかすぐにわかるのだそうです。都市部で建てることができないような素晴らしい雰囲気をつくり出せるところは、茨城県内でも特異的な部分といっても良いでしょう。

川上工務店へのアクセスはこちら

川上工務店が得意としているのは、非常にバランスが整った日本の伝統的な住宅なのだそうです。瓦を使った住宅の姿を見ると、日本人であればホッとするところがあるのではないでしょうか。木造建築の美しさを持った日本の建築物は、ほかの国では見ることができません。木の美しさを生かして建てるという川上工務店の住宅を見てみると、こうした落ち着きのある雰囲気が求めているものの中にあることもわかるのだそうです。日本人だからこそ理解できる美しさがあるとのことで、現在数多く建てられている海外に寄せた建築物とは全く異なるといいます。

日本人がなぜこれらの住宅を見て落ち着くのかといえば、バランスが整っているからなのだそうです。屋根と高さのバランスがあるといいます。こうした住宅を建てるためには、時間もかかることは間違いないのだそうです。丁寧に敷き詰めていかなければならず、瞬間的にできあがっていくものではないといいます。非常に素早く建てていく住宅が増える中、本当に丁寧につくるという意味が、川上工務店の建てた家を見るとわかるのだそうです。大黒柱があり、重厚感がありながらも、美しいつくりに仕上がっていくというのは、日本人の心に響く部分となるでしょう。

川上工務店のキーワードとなっているのが、入母屋造りなのだそうです。日本建築の代表的な屋根の形になっているということですが、日本の伝統的な手法といっても良いといいます。切妻部分が後ろに下がっている特徴を持っているとのことで、下方は四方へと流れるように傾斜しているそうです。重厚感があり、高級感を抱くことができるとのことですが、それは日本古来の建物によく見られるからなのだそうです。しっかりとした日本建築で家を建てたいと思っているのであれば、川上工務店に依頼するというのも良いのではないでしょうか。洋風建築とは全く異なる流れで、時間をかけてしっかりとした家をつくり上げていくことができるのだそうです。

Published by