住環境に優れたノーブルホームの住宅

茨城県の工務店の中でも、完全自由設計の注文住宅だけではなく、建売やリフォームまでおこなっているのがノーブルホームなのだそうです。茨城県で活躍する工務店とのことで、規模は全国ではないようですが、地域の大事なハウスメーカーといっても良いでしょう。水戸に本社を置いているとのことですが、実は支社が東京にあるのだそうです。モデルハウスに関しては茨城県内の各所で見ることができるそうですが、県外には存在しないといいます。いかに地元を大切にしているのか、ノーブルホームが茨城県の人に見てもらいたいのかがわかるポイントです。多くの住宅展示場を持っていると、さまざまなパターンの住宅を建てていかなければいけません。それぞれに特色を出さなければいけないからなのですが、ノーブルホームに実力があるからこそできるともいえるのです。複数の展示場を見てみると、その違いだけではなく、コンセプトによってつくり上げた状況を感じられるようになるといいます。注文住宅を考えているときだけではなく、建売であっても一度見てみるべき施設になっているそうです。

ノーブルホームの会社紹介記事を見る

ノーブルホームが特徴として持っているのは、木造軸組パネル併用工法なのだそうです。少しややこしい名前ですが、従来の木造軸組みをさらに進化させ、桁の接合部分を高強度にできるようにコネクタを使っているといいます。特殊な工法でもあるとのことで、ピン工法とも呼ばれているようですが、非常に強度を高められるところが特徴なのだそうです。地震対策として制振装置も設置できるとのことで、それも含めて考えると利用価値は驚くほど広いといえるでしょう。こうした工法をノーブルホームが持っていることによって、デザイン性を損なわずに、高い強度を発揮できるようになっていくといいます。安心して住み続けることができる住宅にできるとのことで、大きな価値が出てくるのではないでしょうか。

茨城県は、日当たりが良い物件が多いことが特徴のひとつですが、冬はそれなりに寒さを感じることになるでしょう。気密性を含め遮熱性が重要なポイントになってきます。ノーブルホームは、高いレベルの遮熱シートを使った工法をおこなっているとのことで、特殊な加工をした防水シートを使っているのがポイントなのだそうです。アルミを加工しているとのことですが、湿気を逃がすことができる上に、酸化や劣化に対しても強度を持っているシートになっているといいます。耐久性も十分に高く、赤外線も高いカット率を持っているとのことですから、効率の良い住環境をつくり出せる工務店といえるでしょう。ノーブルホームはデザインが目立っているだけではなく、本当に住みやすい環境をつくり出してくれる企業ということで、支持されているそうです。

Published by